なだめるような自家製ローズ&オートミールバスソークレシピ




自分を甘やかす私のお気に入りの方法の1つは、お風呂に長く浸ることです。バレンタインデーが近づいているので、私は自分を特別なレシピにしたかったのです。

私は気分や肌のニーズに基づいてカスタムバスソークを作るのが好きです。あなた自身の浴室を浸すことはとても簡単で迅速です。




ドライスキンバスソーク


自家製オートミールの入浴レシピの材料

DIYの入浴に使用できる材料は非常に多くあります。塩、乾燥ハーブ、オート麦、およびオイルは、好みやニーズに基づいて、お風呂に追加するのに適しています。




エプソムソルト

私のお気に入りの入浴レシピには、しばしばエプソム塩が含まれています。この塩は、実際にはマグネシウムと硫酸塩からなるミネラルです。筋肉痛、痛み、痛みを和らげるだけでなく、体から毒素を引き出すのにも最適です。ストレスがたまったとき、または体に余分なストレスをかけているときは、エプソムソルトバスに切り替えます。いつも素晴らしい気分になります!




オートミール

冬の乾燥したかゆみを和らげるために、この自家製オートミールの入浴レシピを使用するのが大好きです。エンバクは肌を柔らかくし、肌に潤いを与えるので、アトピー性皮膚炎、乾癬、その他の肌の状態に苦しんでいる人々に、毎週オートミールの自家製バスを使って安心してもらうことを知っています。私はよく子供のお風呂でオート麦を使って肌を整えます。さらに、暖かいオート麦が作り出す心地よい香りが好きです。とても落ち着きます!




乾燥ハーブ

乾燥ハーブは、どんなバスソークでも素晴らしい働きをします。彼らはいくつかの他の素晴らしい特性を与えることに加えて、バスに素敵な香りを与えます。バレンタインの日が近いので、乾燥したバラの花びらを取り出すことにしました。花と甘い香りがし、肌に自然な香りが残ります。乾燥ラベンダー、カレンデュラ、カモミール、ユーカリ、ミント、ローズマリー、またはセージを使用することもできます。素晴らしいアロマとなだめるようなバスを作るかなりの数のハーブがあります。 (さまざまな有機乾燥ハーブをここで見つけてください。)




エッセンシャルオイル

エッセンシャルオイルは、液体カスティール石鹸のようなキャリアまたはキャリアオイル(ホホバ、ヒマシ油、分留ココナッツオイルなど)で適切に希釈されている場合、バスに追加することもできます。すべてのエッセンシャルオイルが入浴に適しているわけではないことに注意することが重要です。特に、「ホット」オイル、またはペパーミント、レモングラス、シナモン、タイムなどの皮膚の極大値が低いオイルです。多くの場合、お風呂ではエッセンシャルオイルよりもハーブを選択します。なぜなら、エッセンシャルオイルは長時間浴槽内で少し圧倒されるからです。





DIY蒸気こすり


バラの自家製オートミール入浴レシピ




この簡単なDIYレシピを作るのに5分かかりました。それはあなたの浴室に置くために美しい贈り物や装飾を作るでしょう。

材料と用品

  • オート麦(ロールまたはインスタント両方が機能します)
  • エプソムソルト(ここで見つけてください)
  • 乾燥したバラの花びら(ここで有機乾燥した花びらを見つける)
  • ふた付きのガラス瓶(ここで素敵なものを見つけるか、石工の瓶を使用してください)
  • モスリンの巾着袋(ここで見つけてください)

行き方

  1. オート麦、エプソム塩、乾燥したバラの花びらを等量のガラス瓶に入れます。
  2. しっかりとキャップし、使用する準備ができるまで保管します。

(ジャーの成分のバランスを取りたいと思っていたため、意図的にこのレシピを測定しませんでした。測定の唯一のガイドラインは、バラの花びらを使いすぎて香りを圧倒しないことです。)





パンプキンパンケーキフードネットワーク


使用するには

  1. バスソルトの大さじ3-4杯をモスリンの巾着袋に入れます。
  2. 温かいお風呂の水を入れ、モスリンの袋を水の下に置きます。
  3. お風呂で30〜40分リラックスしてください。
  4. 外に出る準備ができたら、肌を軽くたたいて(こすらないでください!)、水分を失わないようにします。

なだめるようなモイスチャライザーやボディバターでお風呂をフォローするのが好きです。それは私の肌が今後数日間滑らかで絹のように保つのに役立ちます。この「超保湿3成分DIYボディバター」は私のお気に入りの1つです!




また、このローズとオーツのバスソークは、カウンターの装飾として、または部屋をリフレッシュする方法として使用できます。会社が来るとき、私は自然な浴室の清涼剤として使用するために私の容器の上部を開けます。私の会社が去った後、私は香りを保つためにトップを交換します。

手作りのオートミール風呂のレシピはありますか?もしそうなら、あなたの好きな材料は何でしたか?


著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。