家でウサギを育て始める6つの理由




1年ちょっと前に、母からテキストを受け取りました。 「あなたに尋ねる質問があります。もちろん、私は「いいえ」と答えました。私はそんな恋人だからです。彼女は私を無視し、とにかく尋ねました-彼女はもう飼うことができなかった女性から成長したウサギを食べることに興味があるかどうか知りたいと思った。

多くの熟考と夫とのいくつかの会話の後、私はバニーを捕まえることができると決めました。彼女の名前はマギーで、私の女の子はすぐに彼女に恋をしました。マギーを持っているので、ウサギは珍しいペットですが、彼らは本当に家庭に素晴らしい付加物を作ることに気付きました。




自家製の犬のおしりふき


ウサギを飼育する6つの理由

あなたの家にウサギを飼う理由はいくつかあります。




1.優れた堆肥を生産します。

ウサギが得意とすることの1つは、肥料を作ることです。それは言うためのかなりの方法です。本当に。




あなたの庭でウサギの排泄物を使用するいくつかの異なる方法があります。肥料として生産したペレットを使用するか、最初に堆肥にすることができます。私は以前に家屋の見本市でウサギのペレットが瓶で売られているのを見たことがあります!

2.肉用にウサギを飼育します。

私たちのウサギはペットです。彼女は常にペットであり、彼女は常にペットです。しかし、家屋に大きく貢献できる動物を探しているなら、ウサギを肉のソースとして考えるべきです。彼らは小さく、牛や豚よりもはるかに少ない食物とスペースを取り、ウサギのように増殖します。




(これは絶対にできないと確信しています。しかし、あなたの家族のために肉を生産するための本当に実用的で合理的な方法だと思います。)

Matt&Betsyからの注記:肉の屠殺/食べ方が不快な場合は謝罪しますが、DIY Naturalはベジタリアン/ビーガンのウェブサイトではありません。

3.子供たちは彼らを愛し、責任を学ぶことができます。

私たちのウサギは中に住んでいます。それは私たちにとって素晴らしいことです。私の娘は、3歳と5歳で、ほとんど完全に彼女に責任があります。彼らは彼女に餌を与え、水を与え、日中はおやつを持ってきて、彼女と遊ぶ。ウサギが彼らを傷つけたり逃げたりする可能性はほとんどなく、彼らは動物の世話をすることを学んでいます。ウサギの飼育から本当の趣味を作りたいなら、子供たちも最終的に4 Hクラブでウサギを見せることができます。




4.うさぎはペットのように、たくさんの小さなペットではありません。

ウサギをトイレでトレーニングできることをご存知ですか?私たちのウサギはケージの隅にゴミ箱があり、定期的に掃除している限り、彼女はいつもそこに行きます。堆肥の材料を収集するのは簡単なプロセスであり、ケージをきれいに保つのは簡単であり、自分自身もきれいに保つのは簡単だからです。子供の頃にハムスターとモルモットを飼っていたので、ウサギのケージの臭いは他の小さな屋内ペットのケージほど臭いがしなかったと言えます。




5.野菜くずを食べます。

私はスープやチキンストックなどのレシピでかなり頻繁にセロリを買いますが、私の家では誰もセロリをあまり食べません。ウサギのおやつに余分な茎を使うようになります。薄っぺらなニンジン、茶色の斑点のあるリンゴ、しおれたケールも同様です。そのような食べ物を堆肥に投げるのは難しいですが、食べ物を私たちのペットと共有できるのは素晴らしいことです(ペットは結局、それを堆肥に変えます!)。




6.毛皮を繊維に変えることができます。

これは私が個人的に経験したことではありませんが、繊維動物と見なされるほど十分な毛を生むウサギの品種がいくつかあります。アンゴラうさぎにはいくつかの種類があり、羊毛は羊の毛のように収穫して紡ぐことができます。繰り返しますが、コストと必要なスペースなしで、はるかに大きな動物の恩恵を受けています。




私たちはこのウサギの所有物全体に運が良かったのですが、私たちがやったことはいつもうれしいです。 1匹のウサギをペットとして飼うよりも先に進むかどうかはわかりませんが、そうすることを選択した場合、多くのメリットがあることを知っています。

あなたの家にはうさぎがいますか?それらを育てることを楽しんでいますか?コメントであなたの経験を共有してください!


DIYの水耕栽培システム



著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。