赤い粘土とエプソム塩でリラックスしたデトックスバス




このデトックスバスレシピは、長い一日の終わりに最適なおやつです。私も普通のお風呂を楽しんでいますが、アロマデトックス風呂に入る贅沢が大好きです!

私は「アロマティック」という用語を使用して、アロマを与えるバスを指します。リラックス、刺激、癒し、またはそれらの混合物。



芳香浴は、ハーブ、エッセンシャルオイル、またはその他の植物成分の混合物で作ることができます。バスボムやオートミールソークなど、さまざまなバス用品を作りました。すべてが素敵で、それぞれに目的があります。

しかし、私はお風呂で粘土を使ったことがありません。数週間前まで。

このデトックスバスレシピの粘土

この自家製アンチエイジンググリーンクレイフェイスマスクで、しばらくの間、フランスのグリーンクレイを使用しました。しかし、数か月前に、使用するためにフランス製のREDクレイを購入しました。




フランスの赤い粘土は、通常の脂性肌の人に役立ちます。私は通常、通常の肌を持っていますが、季節が冬から春、秋から冬に変わると、少し油っぽくなる傾向があります。


自家製歯磨き粉


この素敵な銅色の粘土には、体内から毒素を引き出すのに役立つミネラルが豊富に含まれています。また、肌の調子を整え、優しく洗浄します。デトックスバスのレシピに最適なベースです。

レシピのその他の成分

エプソムソルト

フランスの赤い粘土は自然に解毒に役立つので、私は含めることを決めました エプソムソルト 体が毒素を取り除くのを助けることもよく知られています。さらに、エプソム塩は、私が抱えている痛みや痛みを常に助けます。それは自然にマグネシウムを身体に導入し、痛みに役立ちます。エプソムソルトは、デトックスバスのレシピに最適です!







粘土とエプソムの塩に加えて、エッセンシャルオイルも追加したいと思いました。入浴液にエッセンシャルオイルを追加する場合、キャリアで適切に希釈されていることを確認する必要があります(分散剤としてオイルまたは石鹸を使用できます)。このデトックスバスレシピでは、より濃いキャリアオイルを使用してエッセンシャルオイルを希釈することにしました。





日陰を愛する食用植物


ヒマシ油 非常に濃いエモリエントオイルです。肌にしがみつき、優れた保湿剤なので、お風呂で使うのが大好きです。粘土が乾燥する可能性があり、肌が乾燥しすぎたくないので、私はそれを選びました。

エッセンシャルオイルブレンドをヒマシ油に混ぜて希釈しました。私は4滴を選びました マヌカエッセンシャルオイル そして2滴 スイートオレンジエッセンシャルオイル。どちらも肌の治癒特性と繊細で高揚するアロマがあります。彼らは、このデトックスバスのレシピを、過剰にせずに非常に豪華に感じさせます。

もともと、私はこのレシピで入浴爆弾を作るつもりでした。しかし、粘土が非常に砕けやすい爆弾を作ることに気づいたので、クエン酸をより多くのエプソム塩に置き換え、代わりにレシピをジャーに入れることにしました。同様に機能します!

フランスの赤い粘土でデトックスバスレシピ

材料

  • 1カップのエプソムソルト(こちらをご覧ください)
  • 重曹1カップ(ここでまとめて見つけてください)
  • ¼カップフレンチレッドクレイ(こちらで検索)
  • 大さじ4杯のヒマシ油(ここで見つけてください)
  • マヌカエッセンシャルオイル4滴(純粋なマヌカEOをここで見つけてください)
  • スイートオレンジエッセンシャルオイル2滴(純粋なスイートオレンジEOはこちらから)

行き方

  1. ミキシングボウルでエプソム塩、重曹、フランス赤粘土を測定します。
  2. よくかき混ぜて、形成された塊を必ず壊してください。
  3. 小さなミキシングカップで、ヒマシ油とエッセンシャルオイルを混ぜます。
  4. 霧状油混合物を乾燥混合物に入れ、絶えず攪拌します。
  5. 塊が形成されるまで攪拌を続けます。よくかき混ぜて塊を砕き、油と乾燥混合物を完全に混ぜます。
  6. 密閉容器に最大1か月保管します。

使用するには

  1. ½〜1カップのバスを温かい浴槽に浸します。
  2. 20〜30分間浸します。
  3. 浴槽を出る前に、浴槽に残っている粘土を洗い流してください。 (粘土は衣類や場合によってはいくつかの表面を汚す可能性があるので、注意してください!)
  4. 肌を軽くたたき、保湿のためにオイルが残るようにします。

デトックスバスのレシピで粘土を使用したことがありますか?もしそうなら、それがどのように働いたかを私たちと共有してください!








著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。