マラバールほうれん草:利点と成長と食べ方




私は認めなければならない、私は私の緑が大好きです。しかし、夏の暑さの中で、レタス、ケール、コラード、フダンソウはすべて苦く、ねじれ、または乾きます。ほうれん草は最悪です。太陽が嫌いなようです!私はいくつかのより良い品種を見つけましたが、それでも素晴らしいとは言えません。それから私はマラバースピナッハに出会いました-夏によく成長する多目的で健康的なオプションです。

マラバルほうれん草-それは何ですか?

マラバルほうれん草(バセラアルバ または バセラ・ルブラ)は真のほうれん草ではなく、それ自体がクラスの登山用のつる植物です。他の一般的な名前には、つるほうれん草、赤つるほうれん草、クリーピングほうれん草、セイロンほうれん草が含まれます。本当のほうれん草ではありませんが、味は同じです。






アルバには白い花と緑のブドウがあり、ルブラにはピンクがかった花と赤紫色のブドウがあります。 2つの味の違いに気づいていません。

葉と茎には粘液が含まれているため、つるから折るとぬめりが出ることがあります。この粘液は、リンゴのペクチンによく似た可溶性繊維の優れた供給源です。

ブドウは、夏の暑さの中で秋から秋まで急速に成長します。冬には枯れますが、多くの場合、種子(ぶどうに残されている場合)は地面に落ち、次の春に芽が出ます。数年前から同じ鉢にトレリス付きの植物を植えており、毎年植え直し続けています。必要に応じて、来春に種を集めて植えることもできます。


自家製胸焼けレシピ


Malabar Spinachの健康上の利点

マラバルほうれん草には、ビタミンA(100グラムには約8,000単位が含まれています)、ビタミンC、鉄、およびカルシウムが多く含まれています。植物に大量のタンパク質を含み、マグネシウム、リン、カリウムの優れた供給源でもあります。




ほうれん草を食べるもう一つの良い理由は、細胞が老化するのを防ぐのに役立つ天然の化学物質であるベータカロチンとルテインなどの抗酸化物質が大量に含まれていることです。ルブラは、おそらく紫色のために、抗酸化物質がわずかに多いようです。

マラバールほうれん草の栽培方法

秋と春に良くなる真のホウレンソウとは異なり、マラバル・ホウレンソウは夏の暑さが大好きです。私は種子を一晩浸して、有利なスタートを切るようにします。




十分に排水された豊かな土壌に完全な日光の下で植えます。標高1,500フィート以上を好みますが、私はミネソタ州(728フィート)で育ちました。よく水をまき、湿らせてください。乾燥した気候では、湿度を好むため、時折霧をかける必要があります。土壌のpHはわずかにアルカリ性、または約7〜8でなければなりません。トレリスまたは麻ひもを用意して登ります-トマトケージは素晴らしい作品です。私は1年で私のものを木に入れてしまうという間違いを犯しました。収穫するのは本当に大変でした!使いやすくするために、それを含むことをお勧めします。

マラバーホウレンソウに侵入する害虫や病気はあまりないようですので、ニームオイルのようなものを最小限に使用する必要はおそらくないでしょう。


ローションバーの作り方


夏の終わりに種をつるに残すか、種を集めることを忘れないでください。まったく新しい作物がwholeかれるのを待っています!

マラバルほうれん草を使った料理

マラバールほうれん草は生のまま、サラダとして、または単独の野菜として使用できます。ほうれん草のようにスープやシチューに使用することもできます。蒸したマラバルほうれん草は素晴らしく、その肉質の性質により、従来のほうれん草よりも多く収穫されます。




バターのようなマラバルほうれん草のレシピ

マラバルほうれん草を使用する私のお気に入りの方法は、私が調理した他の多くのグリーンと同じです。蒸してから、最後に酸を加えて蒸します。




材料


石工の瓶に自家製バター


  • マラバルほうれん草3〜4カップ、洗浄済み
  • バター大さじ2(またはココナッツオイルで味を変えてみてください)
  • ヒマラヤのピンクの塩のピンチ(ここで余分な粒のヒマラヤの塩を見つけます)
  • 挽きたてのコショウ(ここでオーガニックの黒コショウを見つけます)
  • 1つのライムからのジュース、味

行き方

少量の水を深皿に加え、中火で加熱します。ほうれん草の葉を追加します。葉がしおれ、柔らかくなるまで蒸します。残っている液体をすべて排出します。鍋の底にあるバターをほうれん草で溶かし、塩こしょうを加える。葉をすべて塗る。バターからの液体で数分間煮込みます。終わったら、火から下ろしてボウルに移します。新鮮なライムのジュースをその上に絞り、もう一度投げます。暖かいサーブ。

マラバルほうれん草を育てたことがありますか?食べたことある?もしそうなら、あなたの経験を共有してください!


著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。