Luffa Soap:自分で作るいくつかの方法を学ぶ





傷んだ髪のためのコンディショナーでのDIY休暇


私はいつもヘチマ石鹸が大好きです。それはあまりにも研磨されずにきれいにします。たくさんの種類のヘチマ石鹸を見つけたので、それらを見てみましょう。



ルファ石鹸の作り方

ルファスライスソープ

これはおそらく、ルファ石鹸を作る最も簡単な方法です。ボディソープまたはフェイシャルソープとして使用します。







  1. 1インチ厚のヘチマのスライスを石鹸の型に入れます。 (このシリコーン型は完璧に機能し、バーの取り外しを簡単にします。)
  2. 次に、金型を満たすのに十分な石鹸ベースを溶かします。 (ここでは、有機の溶融石鹸ベースを見つけます。) オプション: この時点で、エッセンシャルオイルを石鹸ベースに着色または追加できます。
  3. 石鹸をヘチマに付着させるために、ヘチマをアルコールでスプリッツします。液体石鹸をヘチマに注ぎ、空洞を満たします。タップして気泡を取り除き、冷却します。
  4. 完全に冷めたら、金型から取り出して すぐに石鹸を包みます そのため、空気から水分を収集しません。

Luffa Column Mold

この方法では、直径約3インチのPVCパイプの1フィートセクションが必要です。




  1. パイプの端にキャップを付け(これらに完全に適合する特別なキャップが用意されています)、キャップを付けた状態で立てます。
  2. 調理用スプレーまたは好みのタイプのオイルで金型の内側にグリースを塗ります。チューブの長さに合うように、ヘチマの一部を内側に置きます。
  3. 型に冷たいプロセス石鹸ベースをゆっくりと注ぎます。ほぼ上部まで塗りつぶします。気泡を除去するために行くときに側面をタップします。一晩以上セットアップすることができます。
  4. 硬化したら、金型から取り外します。端のキャップを外し、上部から押します。簡単に出ない場合は、約30分間凍結できます。これにより、石鹸を冷却し、除去するのに十分な収縮が可能になります。
  5. 石鹸のカラムを取り外したら、鋭いナイフを使用して石鹸を1インチの厚さのスライスにスライスします。通常のコールドプロセス石鹸の場合と同様に、硬化させてラップします。

グランドラファ

ヘチマ石鹸を作る別の方法は、粉砕したヘチマ繊維を石鹸に混ぜることです。




  • 粉末のラファパウダーを購入するか、スパイスまたはコーヒーグラインダーで自分で挽くことができます。
  • 地上のヘチマと組み合わせる どちらか コールドプロセスまたはメルトアンドソープベース。石鹸の4オンスバーごとに、大さじ1杯のグラウンドルファを混ぜます。 (適切なタイミングでキャッチしない限り、熱いプロセス石鹸で煮詰めすぎているようです。)
  • フレッシュパウダーの層を新鮮なカットソープに追加することもできます。それをソフトエッジに押し込み、あなたが作った石鹸の種類に応じて、乾燥または硬化させます。

敏感肌の代替品を使用する

ヘチマは、敏感肌の人には厳しい場合があります。より柔らかい代替品については、オークモスを試してください。濡れると、ヘチマよりも柔らかくなります。森に関連する素晴らしい木質/ムスキーの香りがあります。




オークモスは国の多くの場所で見つけることができます。または、オンラインで入手できます。細かく砕いて、石鹸によく溶け込ませます。オークモスは冷間加工石鹸によく分散しますが、溶かして石鹸を注ぐと、上部に浮きます。私はこれを私の利益のために使用し、穏やかな角質除去のために石鹸の片側を使用し、他のすべてのために反対側を使用します。

独自のLuffaを育てる

あなたは実際にあなた自身のヘチマを育てることができます!あなたの地域がスカッシュの適切な成長期を持っている限り、ヘチマをうまく成長させることができます。 Luffaは実はスカッシュであり、若いときにそのまま食べることができます。




  1. 土壌に直接種子を植えるか、すでに発芽したスタートを購入することができます。少なくとも1日4時間は十分な日光が必要です。それはつる植物なので、格子またはフェンスが必要です。ブドウが形成され始めたら、それを支えに沿って動かします。
  2. 最初は何もしないかもしれないいくつかの大きな黄色い花があります。ほとんどのカボチャは、果物を生産しない雄花を最初に持っているので、これらは枯れて死ぬかもしれません。パニックにならないでください、女性の花はすぐに続きます-これらは実を結ぶものになります。
  3. 果物が完全に形成され、収穫前に少し黄色に変わり始めます。私は通常、つるの上に私のものを置きます。乾燥し始め、少しカビが生えることもあります(これは正常です)。
  4. それらが完全に乾いたら、あなたはそれらを振ることができて、種が内部でガタガタ音がするのを聞くことができます。端を切り取り、種を取り除きます。必要に応じて、来年のために乾かしてください。ぬかをぬるま湯に浸し、殻を取り除きます。乾燥させて、ヘチマと同じように使用します。

注意: スポンジは、殻を取り除いた後、カビが生えているようです。これも正常です。あなたが購入するほとんどのヘチマは、審美的な目的のために漂白されています。水と漂白剤の10:1溶液を使用して、これを自分で行うことができますが、それは不要です。

ヘチマ石鹸または成長したヘチマを作ったことがありますか?それについて教えてください!


著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。