手作りのハンドウォーマーとフットウォーマーの作り方を学ぶ

これらのDIYハンドウォーマーとフットウォーマーは、これからの寒い季節に最適です。確かに、いくつか買うことができますが、それは何が楽しいですか?これは楽しい手作りのクラフトです!

秋になり、朝は涼しくなってきました。夜明け前の朝に何度か車に行って、ハンドルや車の座席がとても寒いことを発見しました!この単純なプロジェクトは、問題の解決に役立ちます。ほとんどの人は、いくつかの見つけやすい資料を使用して、短時間で手や足を暖めることができます。



DIYハンドウォーマーとフットウォーマー

必要な資料

DIYのハンドウォーマーを作るには、いくつかのものが必要です。

  • さまざまなサイズと色のコットン生地
  • 生地の量の2倍 または ウォーマーに並ぶ安価な綿モスリン
  • ミシン または 針と糸
  • 暖かいものを満たすもの-米、亜麻の種子、小さな砂利、または砂*
  • 小さな漏斗

*砂や砂利を使用する場合は、バグやバクテリアが残っていないことを確認するために、オーブンでしばらく焼きます。


多肉植物の庭


DIYの手と足のウォーマーを作る

1.ウォーマーを作るには、まな板または別の平らな面に布地を置きます。必要なサイズを決定し、すべての辺で少なくとも1インチ大きい形状を切り取ります。たとえば、約4インチx 4インチの完成したDIYハンドウォーマーが好きなので、生地を5インチx 5インチにカットします。私は靴の下に平らに座るのに自家製のフットウォーマーが好きなので、9インチx 4インチ(完成品)が良いサイズです。私は車の座席用に約16インチx 16インチも作りました。あなたが好きなサイズにしてください。

2.必要なサイズを決めたら、同じサイズの裏地を切り取ります。布地をレイアウトします-印刷された面が互いに面する2つの外側の部分、そしてその両側のライナー。

3. 3つの側面と上部のほとんどに沿って直線を縫います。コーナーを補強し、コーナーの小さな部分を切り取って、座りやすくします。次に、生地を裏返しにします。正しく行った場合、印刷面は外側を向き、ライナーは内側になります。

4.ウォーマーの穴に漏斗を置きます。お好みの培地で満たします。 DIYのハンドウォーマーの場合、私はそれらをかなりいっぱいにします。フットウォーマーとシートウォーマーについては、平らに横たわることができるように、詰め物を少なくしています。

5.好みに合わせてそれらを充填したら、針と糸を使用して穴を縫い閉じます。できました!

自家製のウォーマーを温める

ウォーマーを加熱するには、いくつかの方法を使用できます。

それらを電子レンジで1分間温めます。

鍋にウォーマーを入れ、火を止めた後、オーブンに鍋を置きます。 (またはオーブンで弱火で温めます。)

レジの上に置くか、orストーブの上に一晩置いてください。


目のカモミール


スロークッカーでもDIYウォーマーを温めることができます。ひびの入った古いスロークッカーがありましたが、それでもまだ熱くなっているので、取り除きたくありませんでした。今、私のウォーマーを加熱するのに便利です。夜にウォーマーを置き、ローに設定してから、コードをタイマーにつなぎ、午前5時に電源を入れ、午前7時に電源を切ります。それは仕事に行く前にそれらを加熱するのにちょうど十分な時間です。 (または、スロークッカーにタイマーがある場合は、タイマーを使用できます。)

自家製の暖かいヒント

ウォーマーを簡単に作成するためのヒントを次に示します。

  • DIYのハンドウォーマーをいっぱいにしないでください。ウォーマーが完全にいっぱいでない場合は、形状をより適切に操作できます。
  • 有機材料を使用してください。米と亜麻の種子は非常によく機能し、何度も使用できます。
  • 砂利や砂を使用すると、ウォーマーは熱をより長く保持します。
  • 濡らさないでください。それらを乾いた状態に保つと、バクテリアやカビが形成されなくなります。
  • 加熱時に溶けないように、すべて綿の素材と糸を使用します。
  • 綿のキルト中綿で裏打ちして、熱を長持ちさせます。
  • いくつか作ってください!あなたはそれらを繰り返し使用し、家族はそれらを借り、友人はそれらを望みます。彼らは素晴らしいホリデーギフトを作ります。
  • フランネルコットンは少しふわふわしていて、動き回らないようにしています。綿のコーデュロイは別の良いオプションです。
  • 電子レンジを使用して暖めることを計画している場合は、金属製の糸を使用した布やプリントを使用しないでください。
  • シートウォーマーの場合、内側の素材が大きくずれている場合は、バッフルまたはチャネルを生地に縫い付けます。これは、キルティングが作成された理由の1つです。外側を縫うだけではなく、中綿がずれないようにします。

DIYのハンドウォーマーやフットウォーマーを作ったことがありますか?どうやってやったのか教えてください!


著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。