自家製石鹸でソーダ灰を防ぐ方法を学ぶ

石鹸を作ったことがありますか?もしそうなら、あなたはあなたのバーを覆っている白い粉の細かい層を見つけるためだけに硬化している石鹸をチェックすることがどれほどイライラすることができるか知っています。この粉末状の迷惑はソーダ灰と呼ばれます。

石鹸製造におけるソーダ灰は完全に無害であり、石鹸の性能には影響しません。手作り石鹸では見苦しいため、完全に防ぐ必要があります。



石鹸作りのソーダ灰

ソーダ灰は、灰汁が二酸化炭素と接触すると生成される石鹸製造の副産物です。一貫性のない反応であり、大きな結晶の棒全体を覆うこともあります。それが起こる理由はやや謎ですが、石鹸メーカーはそれが対処するのが苦痛だと言うことができます。

石鹸作りでソーダ灰を防ぐ方法

ソーダ灰の形成を防ぐためにできることがいくつかあります。これらは私にとってうまくいくいくつかのヒントです:

何かを追加する

灰汁混合物とブレンドする前に、少量の蜜蝋または大豆ワックスを溶かしたオイルに加えます。 (オイル1ポンドあたり小さじ約1杯で機能します。)微量でも追加しないでください。固まるだけで、完成した石鹸に固いワックスの塊ができます。

カバーソープ

石鹸を型に流し込み次第、ラップまたはワックス紙で石鹸を覆います。これにより、空気が石鹸の上部に到達するのを防ぎます。通常、24時間後に石鹸が十分に固まって型から外れると、通常、ソーダ灰は石鹸に形成されません。

完全な冷却を許可する

石鹸を金型から早めに取り除かないでください。ソープが柔らかかったり温かいときに金型から石鹸を取り出すと、ほとんどの場合ソーダ灰が形成されます。型から外す前に、推奨される時間全体を待ってください。

正確に測定する

アルカリ液を注意深く測定します。灰汁が過剰になるとソーダ灰が形成されると考えられています。レシピで6オンスの灰汁が必要な場合は、6.1オンスではなく6オンスを量ってください。少量でも過剰な灰汁を生成する可能性があります。

オイルも慎重に測定してください。オイルが足りない場合は、過剰な灰汁が含まれているため、ソーダ灰が生成されやすくなります。

アルコール

石鹸が型に入って固まり始めたら、上面にアルコールをスプレーします。 70-91%のアルコールを使用するのが最適です。 (臭いはすぐに消えます。)石鹸が固まったことを確認してください。そうしないと、アルコールが固まりを妨げる可能性があります。

水を減らす

減水を使用してみてください。通常12オンスの水を使用する場合は、次回11オンスを使用してみてください。水の量は最終バーに影響しません。その目的は、実際に灰汁を溶かし、それが油全体に広がるのを助けることだけです。

時間を増やす

石鹸が冷たすぎる可能性があります。通常80°Fで石鹸を使用する場合は、90-95°Fを試してください。私は通常95-105°Fで石鹸を使いますが、今ではほとんど問題になりません。


DIYヘアオイルトリートメント


すでに形成されたソーダ灰に対処する

覚えておいて ソーダ灰は無害で、石鹸の性能には影響しません。それが起こった場合、ここにそれを修正するいくつかの方法があります。

洗い流す

清潔な湿ったタオル(石鹸作り専用のぼろきれ)を使用して、ソーダ灰をこすり落とします。石鹸がまだ新鮮な場合は、まだ石鹸に取り込まれていない自由な灰汁が残っている場合に備えて、必ず手袋を着用してください。クリーニング後にバーをラックで乾かします。

石鹸に複雑なデザインがある場合は、古い湿った歯ブラシを使用してください。溝にこすりつけ、ソーダ灰をすべて取り除いた後、タオルでふき取ります。

切り取る

ソープからソーダ灰を取り除くには、ナイフまたはベベルツールを使用できます。自家製の洗濯洗剤を作るためにトリミングを保存します。

バフオフ

バーがすべて平らになっている場合は、古いタオルでこすり、光沢を出してください。灰が脱落すると副鼻腔が刺激されるため、このプロセスのためにマスクを着用することをお勧めします。それはあなたを傷つけませんが、あなたの鼻を動かすことができます。

蒸して

ガーメントスチーマーを使用して、ソープを優しく狙い、ソーダ灰を砕いて蒸します。換気の良い場所で非常によく乾燥させてください。

それで働く

そして最後に、他に何もないとしても、それと一緒に生活し、それをあなたのデザインに組み込みます!波のデザインの上にソーダ灰を形成するビーチグラスソープを作りました。大したことではなく、「海のしぶき」のように見えました!

石鹸作りでソーダ灰に対処する方法を見つけましたか?あなたがしたことを教えてください!


著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。