天然染料として使用する植物を育てる方法を学ぶ




庭を庭に追加するときに選択できるテーマは非常に多くあります。私はこの来年に染料の庭を計画しています-天然染料を作るために使用できる植物でいっぱいの庭。私が計画している間、私は見て、すでにそれらのかなりの数を持っていることがわかりました。

天然染料のために成長する植物

天然染料を提供する非常に多くの一般的な植物があります。彼らは成長しやすく、あなたの庭で美しく見えます!独自の染料の成長と製造に興味がある場合、いくつかの素晴らしいオプションがあります。







卵なしの自家製アイリッシュクリーム


Mad(ブロンドの色

Madはゾーン7に耐えられません。足場を確保できる場所であればどこでも急速に広がり、非常にとげがあり、扱いにくいです。新鮮な染料植物を使用したい人のために、これは収穫するために重い手袋を必要とします。 Madの根は、生育する土壌に応じてオレンジ色から赤色の染料を生成します。濃い赤色の染料が必要な場合はアルカリ土が必要になります。それがない場合は、晩冬にベッドに石灰を追加すると便利です。




Woad(イサティス・ティンクトリア

Woadは、私たちの最愛のブロッコリーと同じ家族です。その葉は青い染料をもたらします。この植物はゾーン5に強く、多くの地域で侵襲的として分類されています。これらの場所では、野生に成長しているウワサを見つけることができます。他のどこでも、土壌を改善して砂質で排水しやすくすることができます。 Woadの染料はインディゴとして知られていますが、これは真のインディゴ植物から分離された染料と同じですが、woadの染料の濃度は低くなっています。





天然泡風呂レシピ


クルミの外皮(ジュグランズ・ニグラ

黒クルミは、耐寒ゾーン5〜9で成長します。私のお気に入りの木ですが、他の人と仲良くしないという評判があります。クルミの木のふもとの土壌で成長できる植物はごくわずかです。土壌に共有される化学物質のためです。秋になると、木はクルミを落として緑の殻に包まれ、腐敗すると茶色の染料ができます。




溶接(レセダ・ルティオラ

溶接は2年ごとで、非常に派手な花を持つことで知られていません。それにもかかわらず、白い尖塔は花の庭に素敵な追加を行います。ゾーン6には丈夫で、完全なまたは部分的な太陽の下で成長するのが好きです。葉と花の茎から黄色の染料が生成されます。インディゴやウーダも成長している場合は、2つを組み合わせて刺激的な電気的なライムグリーンの染料を得ることができます。





ガーデンツールケア


インディゴ(インディゴフェラティンクトリア

これは、トロピカルな環境で成長するのが好きなピンク色の花を持つかわいい植物です。ここオハイオ州では、インディゴは種子から毎年一年生として植えることができます。または、より長い期間温室に保管することもできます。葉が染色に使用される場合、青色は藍色から抽出されます。




ひまわり(毎年恒例のHeliantus

ヒマワリは、土壌を改善し、鳥や花粉媒介者を引き付け、食物を提供するために庭で重要です。日当たりの良い黄色の花も緑色の染料を生成することができます。ヒマワリは一年生の種子から成長し、非常に高くなる可能性があり、登山植物に生きた構造を提供します。




黒い目のスーザン(ルドベキア・ヒルタ

私はこれらの一般的な野生の花を軽deしていましたが、最近、日当たりの良い金の花びらに囲まれた茶色の顔に魅了されました。黒い目をしたスーザンは、ゾーン3〜8で丈夫であり、その葉と花は、使用している部分に応じて、金、茶色、オレンジ、または濃い緑になります。




ヤマゴボウ(アメリカの植物

この一般的で丈夫な雑草は、致命的な毒物としてかなりの評判を持っています。多くの人々は春の非常に早い段階で葉を食べます、そして、あなたは再び人々がベリーを食べていると聞きます。有毒である本当の部分は、成熟した葉と茎、およびベリー内部の種子です。私は自分で種抜きされたベリーを食べようとしませんでしたが、それらの染色能力の恩恵を受けました。ヨウシュヤマゴボウの果実は赤または紫の染料を生成し、成長のリスクに見合うものになります。




これらの植物で天然染料を作る方法

これらの植物のいくつかを栽培していて、それらで天然染料を作りたい場合は、次の役立つリンクをチェックしてください。




  • 天然素材を使用して生地を染色する方法
  • 自宅で作ることができる天然ハーブ染料
  • allnaturaldyeing.com

あなたはどう?成長しているものはありますか?それらを天然染料として使用しましたか?


著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。