自然な日焼け止めスプレーの作り方を学ぶ




夏が来るのを何ヶ月も待っているようです。ついに暑くなり、プールに行く準備ができました!

私はいつも色白の肌を持っていたので、常に外で過ごす時間とどの日焼け止めを選ぶかについて注意しなければなりませんでした。



どんなに慎重であっても、毎年少なくとも1回はひどい日焼けをしているようです。休暇に出かけたり、ガーデニングをしたり、カヤックで旅行したりすることができます。


渦巻き石鹸のレシピ


My Sunburnレリーフスプレー

私はいつもアロエベラを使って日焼けを和らげてきました想定された働く。しかし、市販されているほとんどのアロエベラのゲルは、パラベン、アルコール、香料、ポリソルベートなどの多くの添加成分で作られています。




これらの追加成分は肌に有益ではなく、実際に日焼けをさらに刺激する可能性があります。だから今私は 天然アロエベラジェル (ここで見つけてください)。また、スプレーやローションなどのレシピでアロエベラのジュースを使用するのも好きです。それはアロエベラジェルと同様に機能し、ベタベタ感を減らすのに役立ちます。


あべのバス入浴


私のお気に入りのやけど治療法のもう一つは ラベンダーエッセンシャルオイル。私はあらゆるタイプの火傷に使用します:日焼け、台所の火傷、さらには切り傷ですらあります。ラベンダーは、リナロール(自然発生の化学物質)の割合が高いため、肌を落ち着かせてすばやく癒すのに役立ちます。ラベンダーは、局所的な痛みの緩和にも最適です。私のお気に入りのDIY Burn Creamレシピの1つはラベンダーで作られています。

いつものように、やけどを負ったときはいつでも、患部の水分を回復することが重要です。特に日焼けでは、皮膚の脂質(皮膚の最上層を保湿するのに必要な脂肪酸)が枯渇します。脂質が非常に豊富な私のお気に入りのオイルの一つは オリーブオイル。保湿剤として驚くほど働きます。

以下の日焼けスプレーのレシピでプレーンオリーブオイルを使用する代わりに、お気に入りのオイルを使用することにしました。 外傷オイル。このオイルは、キンセンカの花の抽出物、アルニカの花の抽出物、およびセントジョンズの麦汁抽出物のブレンドです。これらの強力なハーブは火傷を和らげ、迅速な治癒をサポートします。それらはオリーブオイルとブレンドされ、損傷した皮膚に素早く吸収されます。トラウマオイルが見つからない場合は、自分で作るか、プレーンオリーブオイルまたは他の軽いキャリアオイルに置き換えることができます。甘いアーモンド、ホホバ、グレープシード、または亜麻仁油は大丈夫でしょう。 (これらのキャリアオイルをここで見つけてください。)


漂白剤なしでおもちゃを消毒する方法


私たちが外で時間を過ごすことがわかっているなら、私は通常このレシピを前もって作ります。プールへの旅行の後、私を待ってもらうのはいつもいいことです。火傷をしなくても、保湿剤として優れており、肌がいつも柔らかく爽やかです。

自家製ナチュラル日焼けスプレー

材料

  • 1カップ 有機アロエベラジュース-お勧めします天然アロエジュース、一度開けると冷蔵が必要(オーガニックの防腐剤を含まないアロエジュースはこちらをご覧ください)
  • 20滴 ラベンダーエッセンシャルオイル(100%純粋なラベンダーEOをここから見つけてください)
  • 1オンストラウマオイル-また、甘いアーモンド、オリーブ、またはホホバ油に置き換えることができます(ここでトラウマ油を見つけます)

説明書







  1. 漏斗を使用して、アロエベラジュースとトラウマオイルを小さなスプレーボトルに注ぎます。
  2. キャップをしてよく振る。
  3. ラベンダーのエッセンシャルオイルを20滴加えます。
  4. キャップをして再び振る。
  5. 2〜3時間ごとに日焼けに自由にスプレーしてください。
  6. 冷蔵庫に最大2週間保存します。

使用するには

このスプレーを頻繁に再適用すればするほど、日焼けはより早く治癒し始めます。




注:太陽が水疱を燃やしたり、感染しているように見える場合は、常に治療を受けてください。 何でもそうであるように、最善の判断を下してください。日焼けは見かけよりも深刻な場合があり、日焼けは非常に危険な場合があります。

日焼けに関するその他のヘルプ

まだ日焼けに苦しんでいますか?これらの4つの自然な日焼けの救済策とこのDIYの自然な応急処置キットをご覧ください。




このレシピを日焼けに使用するのが好きな方は、このが大好きですloveシンプルな火傷のための自家製セントジョンズワートオイル。


著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。