もやしを育てる方法とあなたがそれをするべき理由




先週、マイクログリーンを育ててあなたの春熱を抑える方法を探りました。今日は話します もやしを食べる方法と成長させる方法も素晴らしいアイデアです!


フロントローディング洗濯機の掃除方法




今では、私たちの多くはついにトレイに種を植え始めることができます。私は、季節を問わず自家製の庭野菜を与える植物の最初の兆候を待ち望んでいます。

種を植える直前に、私はマイクログリーンを栽培し始めましたが、それは私の冬の残りが新鮮なグリーンがないことを意味しません。土と種をまく前に、新鮮な自家製野菜を得るための私のお気に入りの方法は、ガラスの石工の瓶で芽を育てることです。

成長している芽とマイクログリーンの違い

成長するマイクログリーン

土壌でマイクログリーンを栽培し、葉と柔らかい茎のみを食べます。また、根を土に残します。彼らは光合成の能力を失ったため、これらの根は新しい植物を立てるのではなく死ぬでしょう。




もやし

土を使わずに芽を育てます。培地を育てずに、すすいで芽を出します。芽を食べるとき、あなたはすべてを食べます-葉への根。




芽の用途によっては、葉を作るのに十分なほど種子が発育しない場合があります。例えば、私は小麦を発芽させて穀物を綴り、後で使用するために乾燥させます。葉が発達するのを許すなら、それを挽くのは本当に難しいでしょう。この場合、穀物を使用または脱水する前に、穀物で最も小さな芽を生成することのみを許可します。

豆は消費される前に葉を発する場合としない場合がありますが、ヒマワリやエンドウ豆などの他の種子は通常、スーパーマーケットに行く前に緑の成長段階に達します。

もやし

出芽のプロセスは非常に簡単で、ごくわずかな設備で始めることができます。

装置

もやしの成長に必要な機器は最小限です。本当に必要なのは石工のだけですが、上部を覆うために丸いスクリーンを持っていると非常に便利です。スクリーンを使用すると、種子をすすぐことができます(1日に数回行う必要があります)。




ソーク(1回のみ)

もやしを始めるには、種子をろ過した水で覆い、座ったままにします。このステップに必要な時間は、シードによって異なります。通常は8〜12時間ですが、各シードの情報ページで特定の浸漬時間を確認してください。浮遊している種子は、種子が不良であるか、まったく種子ではないため、削除します。




すすぎ(数回)

冷水を使用し、毎日2〜3回すすいでください。




排水と乾燥(数回)

すすぎのたびに、種を完全に排出し、乾燥するために休息位置に戻します。




あなたの芽があなたの好みに成長するまで、このすすぎ/排水/乾燥プロセスを繰り返します。

もやしが好きな理由

もやしを育てる方法を学ぶ理由はたくさんあります。

穀物とナッツは発芽により消化されやすくなり、発芽した種子は湿った状態で使用したり、後の焼成プロジェクトで乾燥させることができます。


ガータースネーク忌避剤


冬の間は新鮮な緑の供給のために豆を発芽させるのが好きです。

あなたが発芽できる種

あなたが発芽できる種のリストは、あなたが持っている種のリストがある限りです。

最も一般的に発芽する豆は緑豆です。お気に入りの炒め物、サラダ、サンドイッチ、スープに加えて、厚くて柔らかい白い茎を提供します。

ストアで見たことがない種を試してみることができます。

あなたの経験を良いものにするための発芽のヒント:

  • 殺虫剤や化学肥料で処理されていない種子を選択してください。ハードウェアストアにあるその種のパケットは、成長するためのものであり、人間の消費には向かないかもしれません。
  • 焙煎、ひび、またはその他の準備がされていない種子を選択します。種子が調理または変更されている場合、発芽して植物を作ることはありません。

もやしの成長を開始する準備はできましたか?

地元の食料品店に行き、販売されている新芽に注意してください。通常、大根、エンドウ、ヒマワリ、緑豆もやしがあります。

最も一般的な種子から始めて、収穫されたときの外観に注意してください。芽が出始めたら瓶から種を取り出し、食べる前に必ず洗ってください。

もやしは速く成長し、すぐに過密になるので、それらを食べる準備をしてください。

Amazonで種​​子を購入する場合は、The Sprout House Amazonストアをお勧めします。また、SproutPeople.orgをチェックして、萌芽に関するその他のヒントや情報を確認してください。

萌えますか?あなたは石工の瓶や特別な発芽トレイやバッグのいずれかを使用していますか?


著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。