乾燥肌用の自家製オートミールラベンダーバスソーク




寒くなってきています。つまり、空気はより乾燥しています。家の外の空気だけでなく、家の中の空気も。当然、この乾燥した空気のすべては、余分な層の着用と組み合わされて、多くの場合、皮膚を乾燥したかゆみを感じさせます。それが、私がこの手作りのオートミール風呂を浸す理由です。

妊娠しているので、私の肌はこれまで以上に乾燥しています。それは常にかゆみであり、私は一日か二日以上乾燥肌が消えることはありません。



だから、乾燥肌に役立つ「特別」なものにしたかったのです。

私が子供の頃、祖母は、乾燥肌、かゆみのある肌、またはあらゆる種類の肌の病気のために、手作りのオートミール風呂で誓いました。彼女はいつも暖かいオートミール風呂に子供たちを投げていましたした気分が良くなった。おばあちゃんはおそらく知らなかったでしょう-オートミールは脂肪と砂糖(多糖類)でできており、肌に水分を補給し、ゼラチン状の保護膜を作ります。だから、朝食にするとグーのようになります。

伝統的なルートに行くのではなく、「自家製のオートミールのお風呂をおばあちゃんよりも少し強めにしたかったので、考えられる追加について考え始めました」。

私はすぐに決めました ヤギの粉ミルク私は自分のパントリーにいくつかあると知っていたからです。ヤギ乳は、ビタミンA、B、E、およびベータカロチンの優れた供給源であることが知られています。それは優れたスキンコンディショナーであり、乾燥肌に栄養分を補給するのに役立ちます。

ヤギのミルクにはわずかな香りがあるため、他の何かで香りを仕上げる必要があることはわかっていました。

ラベンダー 乾燥肌、かゆみ、刺激肌の鎮静剤と​​しても知られています。私は庭からラベンダーのエッセンシャルオイルとラベンダーの花を追加することを選びました。一緒に二人の匂いがすることはできません!しかし、ラベンダーのエッセンシャルオイルはそれ自体で素晴らしい香りを実現できるため、ラベンダーの花は完全にオプションです。

これらの4つの材料を組み合わせたら、明かりを暗くし、長い熱いオートミールの風呂に入りました。私にとって、これ以上リラックスできるものはありません!

さらに良いのは、私の肌が翌日にどのように感じたかでした!かゆみはほとんどなくなりました。次の夜にもう一つのオートミール風呂があり、私は完全にかゆみがありませんでした。

このレシピの私の絶対好きな部分は、それを作るために私の家を出る必要さえなかったということでした。必要な材料はすべて、パントリーにぴったりでした。

ラベンダー入り自家製オートミールバスソーク

材料と用品

  • 1カップのロールドエンバク-クイックエンバクも機能します
  • 大さじ3ヤギの粉ミルク(ここで見つけてください)
  • 6滴のラベンダーエッセンシャルオイル(純粋なオーガニックラベンダーエッセンシャルオイルをここで見つけてください)
  • いくつかのラベンダーの花、オプション(オーガニックラベンダーの花はこちらから)
  • 中型のボウルとスプーン
  • 大きな漏斗
  • 大きな靴下またはモスリンバッグ(モスリンバッグはこちらから)

説明書

  1. 中くらいの大きさのボウルに、オート麦、山羊乳、オプションのラベンダーの花を組み合わせます。よくかき混ぜ。
  2. エッセンシャルオイルを追加します。よくかき混ぜ。
  3. 大きな漏斗を使用して、オートミールバスを靴下またはモスリンバッグに追加します。 (漏斗がない場合は、いつでも慎重に靴下に注ぐことができます。)
  4. 靴下の上部を結び目または輪ゴムで固定するか、モスリンの袋をしっかりと結びます。
    • 靴下やモスリンのバッグを持っていませんか?ゴムバンドで固定されたコーヒーフィルターを使用してみてください。
  5. 自分でホットバスを引き、靴下またはバッグを浴槽に入れます。熱はオート麦の活性化に役立ちます。
  6. 楽しむのに十分安全になるまでお風呂を冷まします。
  7. 好きなだけ浸し、必要に応じて繰り返します。

このバスソークは素晴らしい贈り物にもなります!ラベンダーの小枝をいくつか入れた石工のに入れておくだけで、愛する人にリラクゼーションの贈り物をあげることができます。








販売する自家製の美容製品


より乾燥肌のレシピをお探しですか?

次の記事をご覧ください。




  • 乾燥したひび割れた足を自然に落ち着かせる方法
  • 自家製の天然湿疹クリームの作り方
  • 自然な手の修理のための自家製保湿剤

著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。