自宅で自然にキノコを育てよう!




過去には 私はキノコの健康上の利点について共有しました。そして、キノコはあなたの食事に素晴らしい追加物ですが、彼らはまた楽しくて成長しやすいです。ここでは、あなた自身のキノコを育てるいくつかの方法を紹介します。

きのこを育てる方法

しいたけは成長するのが最も簡単なキノコの一つです。彼らは実を結ぶのに1年かそこらかかりますが、そうするとき、あなたは今後数年間それらを楽しんでいるでしょう。おがくずまたは丸太に胞子を植えることができます。最適な方法を選択できるように、両方の方法を説明します。







バニラローションのレシピ


しいたけの丸太の栽培

必要になるだろう:




  • 3-4新鮮にカットされた桜の木の丸太(ブナ、リンゴ、オーク、ナシを使用することもできますが、桜が最適です)これらは少なくとも幅4インチ、長さ3-4フィートでなければなりません
  • 幅約1/2インチのドリルビット
  • しいたけの胞子(ここにあります)
  • 溶けた蜜蝋(ここで蜜蝋のトローチを見つける)

プロセス:

  1. ログの表面に約12インチ離れた穴を開け、ダイヤモンドパターンを維持します。きのこがそこから広がるので、穴の間にいくらかのスペースを入れてください。
  2. 少量の胞子材料を穴に押し込みます。これには特別なツールがありますが、スプーンと手袋を使用することもできます。
  3. ログ全体に胞子材料を「接種」したら、溶けた蜜蝋で各穴を覆います。これは、成長期に胞子を保護するのに役立ちます。
  4. 丸太をテントのような円錐形に置きます。あなたはそれらを日陰または地下にさえ保ちたいでしょう-彼らは成長するために光を必要としません。それらによく水をまき、湿らせてください。

胞子が熟すと、実際の菌類である菌糸体が丸太の中で成長し始めます。 6〜12か月以内に、キノコの子実体であるシイタケが見え始めます。これらは収穫に十分な大きさになるとすぐに使用できます。私は収穫してから、スライスして乾燥させます。その後、いつでも好きなときに水分補給して使用できます。

収穫はいつまで続きますか?


DIY電解質水


しいたけは、ほとんどの地域で春、夏、秋に実ります。ログのサイズに応じて、収穫は数年続きます。丸太の直径が1インチになると、1年のキノコが手に入ります。 4インチの丸太の場合、4年間のキノコ収穫が期待できます。

おがくずで育てるしいたけ

必要になるだろう:




  • オークまたはカエデのおがくず
  • しいたけの胞子(ここで購入)

プロセス:

  1. おがくずを鍋に入れます(子猫のトイレのような)。蒸留水でよく湿らせます。
  2. おがくずのいくつかの場所に胞子を置きます。おがくずで覆います。再び湿らせます。
  3. ビニール袋でゆるく覆うか、プラスチックの保管容器に入れます。
  4. 水分レベルを保持できるまで毎日霧を吹き続けます。

数ヶ月後、椎iを見るようになるはずです。同じおがくずを使い続けることができますが、時間の経過とともに故障し、交換する必要があります。おがくずの上部または側面に白い羽毛状の成長が見られる場合、パニックにならないでください。これは実際に見たいものです。これは菌糸体が成長し始めています。


前後のイヤーキャンドル


他のキノコ品種の栽培に関するヒント

他のキノコもほぼ同じ方法で栽培できます。基質または成長培地は、一部のキノコでは異なりますが、プロセスは実質的に同じです。




ほとんどの人がよく知っている白い球形のキノコであるボタンマッシュルームは、最も成長しやすいものです。彼らは堆肥化された肥料のベッドが必要です。ヒラタケはわらで最もよく成長し、モレルマッシュルームはリンゴの木で最もよく成長します。

使用することにしたものが何であれ、汚染物質がなく、培地に雑草がないことを確認してください。私は新しいリンゴの木材チップまたは新鮮なカットチェリーの丸太を使用しています。ほとんどのキノコは非常に新鮮な木材で苦労しているので、秋に切って春に使用する前に数ヶ月間味付けします。他の菌類がその中に家を作り始めたくないので、湿気から遠ざけてください。

必要に応じて、事前に接種されたログを取得できます。インターネットでそれらを購入する多くの場所があります。私の地域には、胞子が12ドルで買える状態の桜の丸太を売っている人がいます。地元のテールゲートまたはファーマーズマーケットをチェックしてください。胞子または丸太を売っている近くの誰かを見つけることは間違いありません。こちらからオンラインで購入することもできます。

きのこは楽しく、簡単に成長できます。忍耐が必要ですが、子供向けの素晴らしいプロジェクトになります。

あなた自身のキノコを栽培したことがありますか?どうだった?以下のコメントセクションで共有してください!


著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。