ジュエリーなどとして使用するためのDIYエッセンシャルオイルディフューザー


独自のバルサミコgl薬を作る


過去数か月間、オンラインでディフューザーネックレスを探してきました。高価なものもあれば、美しいデザインのものもあれば、使用するたびに交換しなければならない面倒なフィルターが付いているものもあります。



ほとんどは比較的手頃な価格で、一部は他より少し高価です。ステンレス鋼、溶岩、天然粘土で作られたものを見てきました。私はまた、芳香剤として使用される天然のディフューザーペンダントに出会いました。私はこのアイデアが本当に好きです。

数週間前、自然のテラコッタ粘土を取り出したとき、私は男の子と一緒に工芸品を作っていました。手形を作っているとき、私はそれが優れたDIYディフューザーネックレスを作ることができることに気付きました!粘土にはエッセンシャルオイルを閉じ込めるためのすてきな溝があり、さらに手頃な価格で、お好きな形に成形できます。

DIYディフューザーネックレス(または芳香剤)の作成

私はより自然なデザインを好むので、金型を探すために地元の工芸品店に行きました。金型は比較的深くする必要があると思いました。粘土のペンダントは割れやすいため、深さが必要です。また、ペンダントを弦に取り付けるために、ペンダントに小さな穴が必要です。

私はフォンダン型(ケーキ作りに使用)を選択することになりました。それは十分な柔軟性と十分な深さでした。シリコン石鹸型または他の粘土型も機能します。

このレシピは、単純に丸いディスクを形作り、デザインをカットイン(またはスタンプイン)したい場合にも、型なしで機能します。弦に掛けるのに十分な厚さで、エッセンシャルオイルを入れるのに十分な溝があることを確認してください。

私の次のステップは粘土を成形することでした。テラコッタはかなり柔らかい粘土なので、型に簡単に押し込めます。しかし、私はそれを出そうとしていくつかの問題に遭遇しました。最初、粘土は型の小さな溝にくっついていました。私はそれを押し戻し、金型全体を冷凍庫に入れました。 30分後、私は金型を取り出し、ペンダントは美しく金型から離れました!


髪用水溶性オイル


ペンダントを金型から取り出した直後に、押しピンを使用して弦用の小さな穴を作成しました。その後、粘土を3日間風乾させました。その後、釣り糸を使って芳香剤を結び、麻ひもを使ってペンダントを結びました。

全体として、私はそれをリフレッシュする必要がある前に、香りが約1日の間とどまることに気付きます。これらのペンダントの1つを車に入れたところ、香りが少し長く残っているようです。


DIYボディパウダー


このDIYは簡単で楽しく、素晴らしいギフトを作ります!スタイルごとに異なる種類の粘土を使用することもできます。私はテラコッタが本当に好きですが、かなり乾燥した天然粘土のかなりの種類があります。

DIYディフューザーネックレス(ペンダント)

材料

  • 空気乾燥テラコッタ粘土(ここで見つけるか、在庫切れの場合はここで同様のもの)
  • 型(石鹸、フォンダン、その他のシリコーン型の型)
  • ひも(麻、釣り糸、革など)
  • ピンまたは針を押して穴を開けます
  • エッセンシャルオイル(純粋な治療グレードのEOをここで見つけてください)
  • キャリアオイル(ここでいくつかのタイプを見つけます)

説明書

  1. 粘土を型に押し込み、気泡がないことを確認します。
  2. 冷凍庫に30分から1時間置きます。
  3. 金型から慎重に取り外します。
  4. ご希望の弦の太さの小さな穴を開けます。
  5. 2〜5日間乾燥させます。
  6. 文字列に配置します。

エッセンシャルオイルの使用手順:

これらの手順は、ペンダントを芳香剤または宝石として使用しているかどうかによって異なります。

DIYディフューザーネックレスの使用

  • 1滴のエッセンシャルオイル(またはブレンド)を小さじ1杯のキャリアオイル(オリーブ、ココナッツなど)と組み合わせる
  • ペンダントをこする。
  • 必要に応じて再適用します。

注:この方法では、シナモン、クローブ、ペパーミントなどの「熱い」オイルを使用しないでください。オイルが肌を刺激する可能性があります。

DIYディフューザー芳香剤として使用する

  • ペンダントにエッセンシャルオイルを1滴または2滴置きます。
  • ハングアップしてお楽しみください。
  • オイルを1〜2日ごとに、またはアロマが薄れたら追加します。

テラコッタのジュエリーや工芸品を作ったことがありますか?もしそうなら、それはどうでしたか?


著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。