ライ(水酸化ナトリウム)なしで石鹸を作ることはできますか?




私は石鹸作りに関してかなりの数の記事を書いてきましたが、「アク液を使用することはどれくらい安全ですか?」という質問が常に出てきます。

ライ(水酸化ナトリウム)の基礎

先端: これは私たちが使用し、石鹸を作るために推奨する灰汁です。






灰汁とは?

ライ、または水酸化ナトリウムは、塩から作られた化学物質です。うん、普通の塩。電気めっきに似たシステムを使用して、塩をアルカリ液に変えます。




水酸化ナトリウムはどのように作られますか?

私はそれを化学的に作る方法に関するビデオを見ました、そしてそれは簡単です。塩が冷水に溶け出して、沈殿し始めます。つまり、塩の結晶が底に落ち始め、溶解しなくなるまでです。ヨウ素や固化防止剤などの添加物を含まない冷水と純粋な塩を使用することが重要です。それからビデオは、グラファイト棒が塩溶液に挿入され、棒に結晶が形成されるまで電気が充電されることを示しました。それでおしまい。そこから、灰汁をガラス皿に注ぎ、液体を蒸発させ、缶に入れた灰汁の結晶を残しました。




ライも木灰から作られていますが、その灰汁は一貫性がなく、非常に柔らかいバーになります。あなたがこの方法で灰汁を作る方法を学びたいなら、インターネット上で利用可能な多くのチュートリアルがあります。バナナの葉を使用してブラックソープを作ってみたいと思っていました。これはほぼ同じ方法で行います。 (石鹸に使用されるバナナの葉に関するこの記事を参照してください。)

アルカリはどの程度苛性ですか?

水酸化ナトリウムは非常に腐食性であるため、注意して使用する必要があります。衣服に穴を開けたり、皮膚に火傷跡を残すことがあります。気をつければ問題はないはずです。私は石鹸作りの19年で数回しか火傷しませんでした。私はいつも準備ができていて、すぐに火傷の世話をしました。





DIY植物カバー


ライは水に溶けたら水のように見えるので、あらゆる予防策を講じ、子供やペットから遠ざける必要があります。私は2匹の犬と猫を飼っていますが、私が石鹸を作る部屋では許可されていません。これは心配から私を救います。また、水と混ぜるときは、灰汁の上に直接立ち入らないでください。約30秒間、煙を空気中に放出します。これらの煙は喉に窒息感を引き起こす可能性がありますが、直接吸入しない限り有害ではありません。

どのような予防策を講じることができますか?

  • 灰汁を混ぜるときは、手袋と目の保護具を使用してください。
  • 作業エリアを新聞で覆い、作業が終わったら、使用済みの新聞を慎重に折りたたんでゴミ袋に入れます。
  • 酢を手元に置いてください。酢は酸であり、やけどをすると灰汁を抑えます。
  • 必要に応じて患部を洗い流すことができるように、水源の近くで石鹸を作ります。
  • 灰汁を水に混ぜながら、少しもたれかかることはありません。
  • 耐熱容器を使用してください。容器によっては割れたり溶けたりして、アルカリ液が漏れる場合があります。
  • 石鹸を作り終わったら、手と腕を洗ってください。大丈夫のように思えるかもしれませんが、一粒の灰汁でも痛みやかゆみが生じることがあります。
  • 灰汁を1分間も放置しないでください。

アルカリ液は石鹸でどのように機能しますか?

ライムギは油と混ざってケン化し、石鹸になります。最初は、灰汁、水、油があります。その後、硬化プロセスが始まり、数日後に灰汁、水、油が石鹸に変わります。硬化プロセスの終わり、おそらく3〜4週間(場合によってはそれ以上)に、石鹸にアルカリ液が残っておらず、油も水もありません。残されているのは、元の成分が残されていない純粋な石鹸です。




サイドノート: 使用する油に応じて、ココナッツ油化合物などの一部の成分が残る場合があります。ココナッツアレルギーの方は、ココナッツオイルなしで石鹸を作ることができます。あまり泡立ちません。避けるべきもう一つの油は落花生油です。ピーナッツオイルは、ふわふわの泡で石鹸の素晴らしい硬いバーを作りますが、それでもピーナッツアレルギーの人には有害です。一方、他のほとんどのナッツ油は、ナッツアレルギーのある人が使用できるほど十分に変換されています。一般的な経験則は、わからない場合は使用しないことです。

ライに関する質問と誤解

石鹸作りでの灰汁の代替品はありますか?

短い答えはノーです。すべての石鹸は灰汁で作られています。固形石鹸には水酸化ナトリウムが使用され、液体石鹸には水酸化カリウムが使用されます。灰汁に代わるものはありません。オイルが石鹸になることはありません。







灰汁を成分として挙げていない石鹸のバーがあります。すべての石鹸が灰汁で作られている場合、これはどのように可能ですか?

企業は灰汁を偽装するのが非常に上手になっているため、ラベルに表示されません。それは何らかの形でそこになければならないので、あなたはココヤシ酸ナトリウムや牛脂酸ナトリウムのような言葉を見るかもしれません。これらは消費者に優しいもので、ココナッツオイルを混ぜた灰汁または獣脂を混ぜた灰汁と言っていました。あなたが見るかもしれない他の言葉は、ケン化されたココナッツ油またはケン化されたパーム油です。同じこと-これらの油は灰汁と混合されています。覚えておいて、最終製品に灰汁はありません。




グリセリン石鹸を使用できるのは、それを作るために使用される灰汁がないためです。

繰り返しになりますが、企業がすべての事実を提供していない別の方法です。グリセリン石鹸は、硬質固形石鹸とまったく同じ方法で作られています。さらに一歩進んだものです。石鹸は、金型に注ぐのではなく、微量段階に達すると、アルコールと砂糖で調理され、透明なグリセリン石鹸として知られています。灰汁は最初はそこにありましたが、それが完了する頃には石鹸に灰汁は残っていません。




灰汁石鹸は使えないので、かゆみが生じます。

これは一部の石鹸には当てはまりますが、すべての石鹸が灰汁で作られているため、すべての石鹸には当てはまりません。多くの場合、かゆみの原因は、石鹸製造プロセスで生成されるグリセリンが除去されることです。グリセリンは保湿剤であり、空気中の水分を接触するあらゆるもの、この場合は肌に結合させる天然保湿剤です。グリセリンが除去されると、保湿の質がなくなる場合があります。油を石鹸にし、副産物としてグリセリンを作るには灰汁が必要なので、それは灰汁を引き起こす灰汁ではありません。




グリセリンは貴重な商品であり、肥料や爆発物の会社に販売されているため、市販の石鹸からはがされます。したがって、ニトログリセリン。グリセリンを石鹸の成分として見たことがあれば、懐疑的です。通常、自然に発生するグリセリンが除去され、少量が再び追加されたことを意味します。おそらく、十分な保湿には不十分です。フレグランスに敏感な人にも同じことが言えるかもしれません。刺激するのは香料ではなく、適切なグリセリンの不足です。

灰汁に関する一般的な恐怖の多くを払拭したことを願っています。使用することを恐れずに、適切に扱うようにしてください。

あなたはどう?

石鹸作りに灰汁を使用しましたか?どうだった?





著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。