自家製ウッドウィックキャンドルの簡単なチュートリアル

私はろうそくが大好きですが、ある冬に電源が切れたときに熱源に使用しなければならなかった後、私は壁に灰色の斑点に気付きました。それは写真の後ろではなかったので、ろうそくをすべて燃やしたからだと推測しています。 (そして、それを洗い落とすことはできません。それにより悪化します。)

さらに、市場に出回っているろうそくのほとんどには、石油ワックス、化学香油、人工着色料が含まれています。私はそれを手伝うことができるのに、これらのものを家に招待するのは好きではありません。



天然キャンドルはとても良いです!

ウッドウィックキャンドルの作り方

用品

ウッドウィックキャンドルの作り方を学ぶには、次のものが必要です。

  • ワックス(大豆ワックス、蜜蝋、ギンバイカワックス、ヤマモモワックス、またはその他の天然ワックス)
  • 木芯とベースクリップ(ここで見つけるか、独自に作成します)
  • 容器(私は½パイントのガラス瓶を使用)
  • オプショナル、エッセンシャルオイル(純粋なエッセンシャルオイルはこちらから)
  • スロークッカー

説明書

開始するには、スロークッカーの電源を入れて乾燥させたままにします(水を加えないでください)。

瓶にワックスを入れます。大豆ワックスは、インターネットの多くの場所から安くて純粋に入手できます。容器ブレンドを使用するか、冷めると収縮して瓶の側面から引き離すことができます。ワックスが硬い場合は、ココナッツやヤシなどのハードオイルを小さじ1杯加えます。石鹸を作るためのRSPOパーム油がたくさんあるので、それを使います。容器の側面に付着するように、少し柔らかくします。

ジャーをスロークッカーの底に置きます。スロークッカーのサイズに応じて、このサイズの5〜9個のジャーに入れることができます。ワックスが溶けたら、ろうそくを瓶に入れたいレベルにするには、さらに追加する必要があります。

スロークッカーを覆い、次のステップに進みます。

オプション: 色が必要な場合は、自然なクレヨンをいくつか追加します。それらは、蜜蝋から作られたものをAmazonで見つけることができます。

指示は続きました

必要に応じて、これを溶かし、かき混ぜ、さらに追加します。


石鹸作りオイル


ワックスが溶けている間に芯を準備します。購入した芯を組み立てるか、自分で芯を作ります。

芯を作るには、1/2インチ幅の帯状のバルサ材が必要です。バルサ材は、ほとんどのホビーショップまたはオンラインで入手できます。 (イライラしているので、待ちたくなかったので、舌圧子を使用しました。)

空のジャーを使用して、芯が届く場所を測定し、その時点で切り取ります。これは通常、瓶の上部から約0.5インチ下です。次に、木材のストリップを必要な幅にカットします。通常、⅓-½インチ幅が適しています。あなたが作っているろうそくごとに芯を作ります。

すべての芯をボウルに入れ、油で覆います。ろうそくをすぐに使用する場合は、任意のタイプのオイルを使用できます。しかし、あなたがそれらを売ったり、贈り物として贈るつもりなら、すぐに腐敗しない油を選んでください。ココナッツオイルは液体であり、ココナッツオイルが酸敗したことがないため、私はココナッツオイルを使用しています。


DIYレモンリップスクラブ


芯を約30分間浸します。次に、それらを取り出して、ペーパータオルの上に垂らします。

ろうそくの組み立て

ワックスが完全に溶けたら、オプションのエッセンシャルオイルを追加できます。スロークッカーからジャーを取り出し、オイルを完全にかき混ぜます。 (これには木製の箸が適しています。)½パイントの瓶の場合、10〜15滴のオイルで十分です。オイルと鼻に合わせて調整してください。

次に、木製の芯をベースクリップに取り付けます。これらをオンラインで入手するか、代替品として何かを作ることができます。私は金属製のワッシャーを使用しましたが、うまく機能しました。芯の底をトリミングして、ワッシャーの穴に収まるようにします。とてもぴったりです。

ワッシャーまたはクリップで芯を取り、溶けたワックスに入れます。中央に配置しますが、上部については心配しないでください。すぐに修正できます。

ワックスを完全に冷まします。これには数時間かかる場合があります。冷えたら、高さに設定したヘアドライヤーを使用してキャンドルの上部を溶かし、ワックスを滑らかにします。再び冷まし、ガラスの端から浮遊ワックスを取り除きます。

完全に冷めたら、「冷たい香りがする」を確認します。これは、キャンドルが冷えているときに嗅ぐことができる香りの量です。キャンドルをスロークッカーに戻して溶かし、必要に応じてエッセンシャルオイルを追加できます。

注意: 燃えているろうそくの上にある溶けたワックスにエッセンシャルオイルを決して加えないでください。ほとんどのエッセンシャルオイルは可燃性です!ワックスを溶かし、エッセンシャルオイルを混ぜて冷まします。

キャンドルを飾る

キャンドルは自由に仕上げることができます。私はそれに弓を結び、乾燥ラベンダーの小枝を加えるのが好きです。弓が滑らないようにするには、弓の後ろに接着剤の点を追加し、ガラスに押し付けます。ペイントマーカーを使用して、キャンドルに特別なデザインを作成することもできます。

ウッドウィックキャンドルを作ってみたことがありますか?もしそうなら、それはどうでしたか?