シンプルで栄養のあるDIYサマーフェイシャルセラム




3つのオイルを組み合わせたこの美容レシピをお楽しみください。屋外で過ごす暖かい夏の日にぴったりの素敵で栄養のあるDIYスキンセラムを作ります。

私の肌は季節ごとに絶えず変化しています。冬にはより厚い保湿剤が必要ですが、夏には同じ保湿剤がブレイクアウトと過剰なオイルを引き起こします。



夏の肌のお手入れ

私は夏に外で多くの時間を過ごします。私は庭が好きで、庭で子供たちと遊ぶ。私は日陰に固執し、保護服を着ようとしていますが、私は常にしばらく太陽の下で過ごします。




ほとんどの大人のように、私は日焼け止めを使うことに熱心ではありません。しかし、私は毎日それを必要とする気がしません(ただし、私の皮膚科医は違うことを請うでしょう!)。

私は非常に色白な人です。また、私は北東部に住んでいます。つまり、冬は太陽があまり見えません。

そうは言っても、私は日焼け止めが非常に重要であることを知っています。前に述べたように、私は衣服のような自然な日焼け止めを選び、露出過剰を避ける傾向があります。

最近、私は時々夏の太陽にさらされるときでさえ、私の肌を保護し栄養を与えるために何かをしたかったです。うまくいけば両方を行う顔の保湿剤を作成することにしました!

DIYサマースキンセラムの成分

さて、この投稿はじゃない 自然な日焼け止めについて。 この保湿剤は、日焼け止めの代わりに使用したり、日焼けを防ぐための主な方法として使用したりしないでください。 それは、この夏あなたの肌を助ける素敵で軽くて自然な保湿剤です。




レッドラズベリーシードオイル

このDIYサマースキンセラムの主要部分は、レッドラズベリーシードオイルです。




Red Raspberry Seedオイルは多くの人から天然のSPFとして宣伝されていますが、そのような研究ではまだ確認されていません。しかし、それ ビタミンA、ビタミンE、およびオメガ脂肪酸(特にオメガ3およびオメガ6)がいっぱいです。私のボトルには、52%のオメガ6と31%のオメガ3が含まれています。

薄赤のラズベリーシードオイルが肌にどのように感じ、どれほど速く吸収されるかが大好きです。それはまた、私の顔の時々の赤みを助けるようで、素晴らしい追加のボーナスです!レッドラズベリーシードオイルは優れた抗酸化剤であるため、私はそのことに驚いていません。アンチエイジングオイルとしても効果があると言う人もいます。

ローズヒップシードオイル

このDIYサマースキンセラムには、私のお気に入りのフェイシャルオイルのもう1つであるローズヒップシードオイルも含まれています。それは少し高価ですが、間違いなく費用の価値があります。




それはわずかに収string性があり、それは私の夏の脂性肌に役立ちます(特に夏)。ローズヒップシードオイルはビタミンAが豊富で、アンチエイジングスキンケアに最適です。また、UVダメージや深いしわにも使用されています。 (情報源:スーザンパーカー、Power of the Seed)

フランキンセンスエッセンシャルオイル

この美しい肌の血清への最後の追加は、乳香エッセンシャルオイル(具体的にBoswellia carterii)。このエッセンシャルオイルには、優れたアンチエイジング特性があり、スキンケアのもう一つのお気に入りです。アンチエイジングスキンケアや、追加のTLCが必要な場合に最も頻繁に使用します。




全部でd

DIYサマースキンセラム

材料

  • 2オンスの赤いラズベリーシードオイル(私はこれを使用します)
  • ½オンスローズヒップシードオイル(こちらで検索)
  • フランキンセンス(boswellia carterii)エッセンシャルオイル10滴(純粋でオーガニックのフランキンセンスEOをここで見つけてください)

説明書

  1. オイルを慎重に計量して、ドロッパー付きの3オンスのmber色のボトルに入れます(このように)。
  2. しっかりとキャップをし、穏やかに回転させて成分を混ぜます。
  3. 直射日光が当たらない涼しい乾燥した場所に最大6か月保管します。

使用するには

  1. 清潔で乾燥した顔に1〜3滴を塗ります。
  2. 上向きの動きを使用して、指先で顔にオイルを滑らかにします。目を避けるように注意してください。
  3. 必要に応じて再適用します(朝と夕方に使用します)。

シンプルな夏のスキンケアがかつてないほど簡単になりました!このDIYレシピは、お肌に軽く潤いを与え、健康を保ちます。







あなたは自然な夏の肌に何を使いますか?私たちと共有してください!


著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。





とげ梨シロップの作り方