自然に甘くされた自家製コンデンスミルク




ほとんどの市販ブランドには高果糖コーンシロップが含まれており、ナトリウムが高いため、自家製の加糖練乳を作っています。ベーキングにこのレシピを使うのが大好きです。クッキーバーがしっとりしておいしいです!

興味深いフレーバーバリエーションを与えるいくつかの代替を作成できます。これらすべてについては、記事の後半で説明します。基本的なレシピは次のとおりです。



自家製加糖練乳

材料

  • 粉ミルク1カップ(有機粉ミルクはこちらをご覧ください)
  • ⅔カップ砂糖
  • ⅓カップ沸騰水
  • バター大さじ1
  • バニラエッセンス小さじ1(有機バニラエッセンスを見つけるか、手作りバニラエッセンスの作り方を学ぶ)

行き方

  1. これらすべてを小さなソースパンに混ぜます。すべてが十分に加熱されるまで、数分間煮込みます。
  2. 火を止めて冷まします。
  3. これはすぐに使用するのが最適ですが、数日間冷蔵庫に保管します。 注:この自家製コンデンスミルクを凍結しないでください。細胞構造が破壊され、水っぽくなるでしょう。

バリエーション/置換

  • 粉ミルク -バターミルクパウダーまたはヤギのミルクパウダーを代用できます。ビーガンオプション用に大豆パウダーやナッツパウダーを試したことはありませんが、うまくいくかもしれません。これらのオプションのいずれかを使用すると、さらに水が必要になる場合があります。
  • シュガー -生のサトウキビ砂糖を使用して素晴らしい結果を得ました。混合物の色はより濃いですが、バーを作成する場合、色は重要ではありません。また、ヤシやココナッツなどの他の砂糖を試すこともできます。同様に機能するはずです。ハチミツと糖蜜も有効ですが、水の量を減らす必要があるかもしれません。ステビアや他の同様の砂糖代替品は、このレシピに必要なかさや食感が不足しているため機能しません。ステビアなどから液体を作ることができますが、濃くてクリーミーではありません。
  • -味を変えるには、コーヒーまたは紅茶を試してください。ココアミックスもうまく機能し、デザートに素敵なチョコレート風味を与えます。また、ウコンや他の癒しのハーブなどを、レシピで水と混ぜることで忍び込むこともできます。これは特に好き嫌いの多い人に適しています。
  • バター -このレシピにはビーガンマーガリンを使用できます。または、ココナッツオイル、レッドパームオイル、または持続可能に収穫されたパームオイルショートニングをお試しください。これも省略することができます-それは本当に味のためだけです。
  • バニラ -任意のフレーバーが機能しますが、フレーバープロファイルは変更されます。私は柑橘類のヒントのためにレモンまたはオレンジのエキスでこれを作るのが大好きです。または、もう少し退廃のためにラム抽出物を試すことができます。また、抽出に限定しないでください。数滴のラベンダーエッセンシャルオイルをバッチに追加し、それをクッキーのフロスティングのベースとして使用しました。

DIYの加糖練乳からキャラメルソースを作る

加糖練乳を取り、加熱してキャラメルを作ることができることをご存知ですか?人気のある方法の1つは、店頭で購入したコンデンスミルクの未開封の缶を鍋に入れることです。その後、数時間(はい、数時間)煮て、缶が常に水で覆われていることを確認します。完了すると、クリーミーなキャラメルができあがります。エネルギーをほとんど消費しない、より簡単で高速な方法があります。







用品と材料

  • 自家製の加糖練乳1バッチ
  • ダブルボイラー
  • 泡立て器

行き方

  1. ダブルボイラーの上部に加糖練乳を入れます。 (持っていない場合は、耐熱ボウルを沸騰したお湯の上に置きます。)
  2. 水をゆっくりと沸騰させ、ミルクをずっと攪拌します。水が沸騰したら攪拌を続けます。キャラメルが黒くなり硬くなるには、20〜30分かかります。
  3. 他のキャラメルソースと同じように冷やして使用してください。

キャラメルができたら、1週間ほど冷蔵庫に入れておくことができます。代替品を作るとき、このレシピはリストされた成分と量のためのものであることに注意してください。他の成分を増やすか減らす必要があるかもしれません。




甘くしたコンデンスミルクを一から作りましたか?それがどうなったのか教えてください!


著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。