DIYホイップホットチョコレートボディバターレシピ




寒い雪の日には、ホットチョコレートに勝るものはありません。アロマの深さと甘さについて何かが私を温かく居心地の良いものに感じさせます。

それがまさに、この簡単な4成分のホイップホットチョコレートボディバターレシピを作成した理由です。もともと私はバニラボディバターを作ろうとしていましたが、このブレンドをすぐに圧倒する生のココアバターを使用しました。



もちろん、少量のカカオバターに問題はありません。それは非常に硬いですが、はっきりとした、おいしい、チョコレートの香りがします。


大ラベンダー花輪


DIYホイップボディバターレシピの材料

ココアバター 退廃的なボディバターにアロマ以上のものを提供します-それはバターに硬い一貫性を与え、皮膚に多くの利点を提供します。脂肪酸が豊富であり、保湿バリアを提供し、抗酸化特性と抗炎症特性の両方を備えています。




カカオバターに加えて、このレシピには別のおいしい香りのオイルが含まれています: バニラ注入スイートアーモンドオイル (独自のバニラ注入オイルの作り方を学びます)。このアロマオイルは、このボディバターのレシピで唯一の液体オイルです。液体オイルが多すぎると、ローションが濃くなり、うまく泡立てられなくなります。しかし、私はこのオイルがよく吸収され、素晴らしい香りがするので、このオイルを含めるのが大好きです!私がバニラを注入したオイルを作ったとき、私はバニラビーンズの種のいくつかをオイルの中に入れて、このホイップしたボディバターをアイスクリームのように見せます!


ココナッツオイルとマッサージオイル


ボディバターにホイップする私のお気に入りのオイルの一つは シアバター。それは美しい白い色を持ち、肌への吸収に優れており、美しい光の一貫性を持っています。シアバターは少し不快な香りを持つことができますが、バニラを注入したスイートアーモンドオイルとココアバターには合いません。シアバターには、多くの癒しと皮膚の栄養特性があります。問題のある肌に最適です。

最後に、このレシピにはいくつかが含まれています ココナッツオイル また、美しい白い色と輝きを与えます。ココナッツオイルは肌に適していますが、このブレンドの中で最も栄養価の高いオイルではありません。しかし、それはよくホイップし、このDIYホイップホットチョコレートボディバターに滑らかで広がりのある一貫性を与えます。

ホイップボディバターレシピ:完璧な贈り物

私のレシピでは、5個以上のボディーバターの石工ゼリージャーが得られました!数人の親しい友人に素敵なプレゼントを作りました。美味しいアロマ、クリーミーなコンシステンシー、素敵なバニラの斑点の間に、これは私の大好きなボディバターの1つです!クリスマスプレゼントのためにもっと作るつもりです。




DIYホイップチョコレートボディバターレシピ

(5個以上のメイソンゼリージャーが得られます)




材料

  • 8オンスのオーガニックで未精製のシアバター(こちらをご覧ください)
  • 8オンスのココナッツオイル(ここにあります)
  • 6オンスのバニラはスイートアーモンドオイルを注入しました(レシピを入手してください)
  • 3オンスの生の未精製ココアバター(ここにあります)

説明書

  1. 弱火で二重ボイラーを置きます。ココアバター、シアバター、ココナッツオイルを液体になるまで溶かします。 (私は通常、中程度のソースパンを半分ほど水で満たし、小さな耐熱容器を中に入れて、間に合わせのダブルボイラーを使用します。)
  2. すべての油が溶けたら、ミキシングボウルに移します。甘いアーモンドオイルを加えてよく混ぜます。
  3. オイルを冷まします(私は1時間ほど冷蔵庫に置きました)。ボウルの外側と底の周りでオイルが少し硬くなり始めると、オイルが泡立つ準備ができていることがわかります。
  4. 冷蔵庫からボウルを取り出し、少し硬くて明るい白になるまでオイルをホイップします。 (これにはスタンドミキサーを使用しますが、通常のハンドヘルドエッグビーターで行うことができます。)
  5. オイルが泡立ったり固まったりするのに時間がかかっている場合は、数分間冷蔵庫に戻します。
  6. オイルがホイップされてわずかに硬くなったら、ジャーに移します。 (パイピングバッグを使用し、ボディバターをガラスのゼリー瓶に入れました。)
  7. オイルの貯蔵寿命まで、涼しく乾燥した場所に保管してください。暖かい気候に住んでいる場合、ボディーバターは76°Fより高い温度で溶ける傾向があるため、冷蔵庫にボディーバターを保管することをお勧めします。

著者について

Carla Gozzi

カーラ・ゴッツィはモデナ、1962年10月21日に生まれ、彼女の故郷、ミラノとニューヨークの間住んでいました。 彼女はジャン=シャルル・ド・Kastelbayaka、クリスチャン・ラクロワ、カルバンクラインとエルマンノServin含めアシスタントスタイリスト、ファッションなどの分野で働き始めました。 チャールズはまた、ファッションショーでオブザーバーとして参加したスタイルでのコーチでした。